晩ごはん

インドに来る前は、仕事が終わったらジムに行って、ジムが終わったらコーチと一緒にスターバックスに行って軽く食事をして家に帰るという生活でした。

ここインドでは、仕事が終わったら基本的には部屋に直行して、自分でご飯を作って、食べるという生活です。

今晩も、いつもと同じく、部屋に直行して、ご飯を作りました。

ご飯を作ると言っても、おかずがあるというわけでもないし、おかずを作ろうと思うほどではないので、ご飯を炊いて、日本から送られてきた惣菜やふりかけだけで済ませます。

芸もなく、簡単な食事なのですが、一日をご飯で締めくくることができるなんて、とっても幸せだなと、インドにいるからこそ思えることだと思います。

ご飯を二合炊いたので、半分くらいを食べて(多分、食べ過ぎ)、のこりは明日の昼用にとっておきます。会社に持って行って食べることにします。

清潔で新鮮で安心できる野菜や肉や魚が手に入ったら、おかずを作ろうとする動機も生まれると思うのですが、ここはインド、夢にもそんなものはでてこない場所です。

どうでも良いですが、インドのお金持ちは、そんなものを手にいれて食べているのだろうか。ふと考えてしまいました。