そうだと思って書くことにしてみたこと

いろいろなゴタゴタがあったことをすべて紐解くために、今までにあったことを記録しておけばよかったなって、後悔している。

 

文才ではないので、ダラダラと文章を書くのは苦手だから、単に要点だけ(要を得ていないという噂もあったり)をワードでタイプしていこうと思った。

 

会社にいるときには、ブログサイトへのアクセスが禁止されている(と思っているけど、本当のところはよくわからない)し、いちいち泥臭い、血なまぐさいことをブログで公表するなんて勇気もないし、僕はそんなにデリカシーのないやつでもないと思っているので、会社であったこと、いろいろなゴタゴタを公表するなんてことはしない。

 

この目的って、ふと何かが起きた時に、タイプを見直してみて、

あの時、誰がどんなことを言った とか

あの時、自分はどんなことを感じた とか

あの時、こんなことが起きた とか

あの時、自分はこんなアクションをしたな とか

を確認したいのと、自分がしたことをどうやったらプロテクトできるのかを考えたいというところにある。

 

これくらいやらないと、自分の性格上、狂ってしまう。

 

今日も、車の中で、ラップトップ開いて、昔の記憶を思い起こしてタイプしていたけれども、頭が痛くなってきたし、気持ち悪くなってしまった。

 

まあ、これは単に車に酔ってしまっただけなのかもしれないけど。