シンガポールの街を歩く

結局、チャンギ空港で朝食を食べながら過ごしていたら9時を過ぎてしまいました。

シティに行くには30分くらいの余裕を見ていないといけないし、タクシーの列のことも考えると…なんてあれこれと思案しながら、9時15分ごろにタクシー乗り場に着きましたが、全く人がいませんでした。

ベンツのタクシーに案内されかけたのですが、これは高いのでお断りをいれて、普通のセダンのタクシー(プリウスでした)。

10時からヘアサロンの予約をいれていたので、それに間に合うように、オーチャードに行ってもらいました。

シンガポールに住んでいた後半から行き始めた、高島屋にあるヘアサロンなのですが、日本人がカットしてくれます。いつも行く僕のことを覚えてくれているスタッフの方がいらっしゃって、ヘアカットしながらの話がおもろしくて、それにテクニックも最高なので、いつもお世話になっています。

インドのこと、休暇のこと、日本への一時帰国のことなどなど、いろいろ話していたら、もう1時間。残念ですがこのあたりで終了です。そのあと、少しだけ街をぶらぶらして、シンガポールの心地よさを少しだけ堪能しました。

それにしても暑い!やはり、夏はどこでも暑いのですね。

でも、そういう暑さが僕は好きです。シンガポールの気温は高温多湿のような感じで言われますが、僕はそうは決して思わず、朝は涼しくて、昼間は太陽の日差しがさんさんと輝いて、そうして夜は涼しくなって……、最高ではないですか。

日本の、あのジメジメとした夏。僕らが思い描いている「東南アジアの気候」って日本のことではないでしょうか。