ふたたび、チャンギ空港に。

もう少し、街をぶらぶらしても良かったけれども、ぶらぶらすればするほど買い物などでお金を使いたくなってしまうので、そろそろ空港にもどろうとタクシーに乗りました。

シンガポールのタクシーの運転手さんは、どちらかというと喋り好きの方が多いような気がします。僕もタクシーのなかでスマートフォンをいじくっているよりも、会話を通じてシングリッシュを勉強するのほうが好きなので、こちらから喋りかけてみます。

くだらない話題ですが、「この道はいつ作られたのか」「このビルはいつ作られたのか」「景気はどうなの」などなど、くだらないけれども事欠かないです。そんなことで30分ほどすればチャンギ空港に到着します。

シンガポールに旅行に来る人も、きっとこんなかんじで運転手さんとお話をすると、空港からホテルまでの道のりも飽きないと思います。

それにしても、シングリッシュをきくと本当に「シンガポールっていいなあ」と実感してしまいます。

空港に到着してから、昼食をとりにフードコートへ。

朝のパクチー入りヌードルは絶対に避けるために、以前に利用したことのあるフードコートへ行きました。無難にいつも食べているスープヌードルを選んで、美味しくいただきました。

ラウンジでリラックスをする前に、お酒を扱う免税店をのぞいてみると、サントリーの梅酒を見つけました。

www.suntory.co.jp

日本にいるわけではないので、こんなのあったんだ!って思い、感動してしまいました。試飲までさせてもらって、こんな高級なお酒にはあまり縁がないものですから、そこそこにしましたが、ほろっと酔ってしまいます。

ここはターミナル2。どうせ、帰りもターミナル2に到着するはずだからその時に買おうと思い、お酒を飲ませてくれたスタッフにお礼を行ってから、ラウンジに向かいました。